· 

アメフトの危険行為について2

日大アメフト部の危険行為が取り沙汰されて長いですが、アメフトに限らずサッカーでも故意のファールや許されてはならない行為がよく見られます。

 

例えば、こちらは先日行われたサッカー日本代表vsガーナの試合で須賀、槙野選手は不必要かつ故意のファールにより相手を止めようとしているのが一目瞭然です。結果、ファールを取られ失点に繋がりました。

 

このような選手が日本代表として選出されるのが今のサッカー界・スポーツ界なのです。クリーンなプレーをする選手を登用するべきですし、私たちファンもこのようなプレーを許してはなりません。

 

以下、YouTubeにもっと酷い槙野選手の行為が上っていたので切り取り画像で紹介します。黄色が槙野選手です。

まず、相手を引きずり倒します。

立ちあがる際に後ろ足で、相手選手の顔面を蹴り上げ(踏み付け)ます。

このような選手がプロ選手として採用され、日本代表として選出されるのです。

 

スポーツ選手はもちろん、指導者・監督、ファン等それぞれが、このような行為の撲滅について取り組んで行かなければなりません。