· 

災害対応-枚方市職員の給与が最大4%カットに

枚方市長・枚方市会議員の軽慮浅謀を憂う

私は怒っています。

枚方市職員の給与が災害対応のため最大4%カットされることになったからです。

市役所職員は災害対応で、眠らず避難所を開設したり、修繕箇所の調査を行ってくださいました。ご自身や家族のことを犠牲にしてもです。それに対して、手当を与えるならまだしも、給与カットを行うことは、私は人として看過できません。

 

本来、市はこの様な例外的な災害対応を、予算としては見込んでいません。そのため、被災地に対しては広く国から補正予算という形で捻出されます。実際9千億円の予算が可決されています。

あるいは市内の予算で災害対応を行う場合でも、それは市民の公共財に対して行われる予算です。枚方市民みんなから災害対応の目的税を徴収するべきです。

 

ただでさえ、若手公務員は安月給で働いています。例えば保育士は条件が悪く慢性的な人手不足に陥っています。鬱になる職員もいますし、退職を考える職員もいます。良き人材が流出してしまえば、かわいそうなのは子供たちです。この様な理不尽な給与カットはあってはなりません。

 

公務員に労働法は適用されません。給与について、労使間交渉の様なことができないのです。だから本件は、政治の問題です。市長や議員の問題です。政治家を選ぶのは有権者です。まともな政治的判断ができる人間を選出しましょう。